イビキの治療法と費用の全て!どれが一番安く出来る!

イビキ治療にかかる費用『タイプ別』

『クビックス』は高いのか?

 

『イビキの治療費』

イビキの治療は、手術、薬、サプリメンとなど色々とありますが、その値段もまちまちです、イビキ対策専用枕の『クビックス』は枕としては高額かもしれませんが、イビキ治療としてはどうなんでしょうか?

IMG_8342

 

今回はイビキの改善にかかる費用をタイプ別でまとまてみました、

 

『薬物療法』
いびきや、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療法として、気道拡張作用のある薬などを使用する「薬物療法」があります、でもこの治療法はあくまでも補助的な役割であって、根本的な解決方法にはなりません。この方法は金額の問題以前にやらない方がいいです、結果的に症状を酷くしますので、お金も時間もストレスもかかります!!

 

 

『いびき手術』
「扁桃」や「口蓋垂(のどちんこ)」が肥大化していたり、産まれつき上気道が狭いなどの場合には、生活習慣の改善などでは解決が難しく、「外科的手術・耳鼻咽喉科的手術」をしなければイビキや睡眠時無呼吸症候群を根本から治すことができない可能性が大きいです、

軟口蓋や口蓋垂といった部位がいびきに関係している場合は、これらの部位をレーザーで焼き切ることでいびきの軽減につながります。

しかし、レーザー治療では口蓋扁桃(こうがいへんとう)は切除しません。そのため、口蓋扁桃が肥大していることによっていびきが発生しているなら、従来型の手術の必要があります。そもそも口蓋垂や軟口蓋、口蓋扁桃だけがいびきの原因とは限らないので手術をしたからと言ってイビキが治るとは限らないです。

img-uppp-before2

レザー手術の費用・・・40000円程度~『オペ代+初診料+薬+経過診』
切開手術の費用・・・10円以上『オペ代+初診料+薬+経過診』

 

 

 

鼻マスク(CAPA)』
睡眠時無呼吸症候群(SAS)の治療として、睡眠時に専用の鼻マスクを装着し、一定の圧力を掛けた小型の空気ポンプにより、鼻から気道に空気を送り込む、内科的治療の「鼻マスク(CPAP)」があります。これを毎晩つけて眠る。

suiminmukokyu1

費用・・・初期検査費70000円+CAPAレンタル(月額5000円)

 

 

 

『マウスピース(歯科器具装置)』
あごの骨格や形状などが原因によって、いびきや睡眠時無呼吸症候群(SAS)になっている場合に行われている治療方法が、「マウスピース(歯科器具装置)」です。ボクシングなどのマウスピースとは異なり、マウスピースをはめると気道(空気の通り道)が広がるように特殊な形状をしています。空気の通りがよくなれば抵抗が少なくなり、いびきや無呼吸症候群がおさまると言うわけです。ただし、虫歯、歯周病、顎関節に痛みや障害がある、歯がない、鼻に病気がある場合には適さないこともあるのと、睡眠中に口にマウスピースを噛んでいるのはちょっと辛いかも・・・

 

費用・・・60000円程度~『初期検査から製作まで』

 

 

 

『サプリメント』
加齢などが原因で舌下の筋力が低下する事によって、仰向けで寝た時に下が喉の奥に落ち込んで気道を塞いでしまいイビキ(無呼吸)になる事があります、そこで舌下の筋力を回復させるサプリメントを服用し回復をはかる方法です、一番手軽なイビキ対策ですがずーっと飲み続けないといけないので長い目で見ると費用がかさむ場合がある

daiet-sapuri

費用・・・月額2500円~4000円程度『年間30000万~48000円程度』

 

 

『お金も時間もかかります』
どのイビキ治療でも効果はまちまちです、費用も病院によって若干変わりますが基本的に高額になってきます、それに検査や通院など手間もたくさんかかります、モチロン薬や手術で改善された人もいると思いますが、結構大変なんじゃないでしょうか、

私はめんどくさがりなのでこの記事をまとめながら無理だな~って思いました(笑)。それに手術は怖いですよね。

 

 

 

イビキ対策枕『クビックス』

 

『枕を変えるだけです』
その点イビキ対策枕の『クビックス』は、今使っている枕を変えるだけでイビキの改善に期待できます。それと値段ですが『クビックス』は19800円(税込み)と他の治療法と比べてもだいぶ安く済みます、それにこの値段で8年~10年は使えるので、月割りにしたら数百円程度になります。

 

 

『イビキ効果も良いです』
『クビックス』は睡眠中に発生するいびきで悩んでいる方ために開発された、いびき対策専用枕です、モチロンこの枕も全ての人に効果があるわけではありませんが『クビックス』を使用し、以前よりイビキなどの症状が軽減されたと言う意見が98%もあります、この確率はかなり高いものだと思います。

 

 

『コストも手間も少ない』
今回紹介したイビキ対策&治療のなかでは、イビキ対策枕『クビックス』が手間的にもコスト的にも一番お手軽です、モチロンお金をかけずに食事療法や『あいうべ体操』などで改善を図る方法もありますが、お金を使った対策&治療では枕が一番手軽でお安いと言う事になりました。

 

IMG_8346

⇒関連記事『クビックスの全てがわかる』

 

私は面倒くさがりなので『クビックス』を買いました、でも本当に思い切って良かっな~~って思います。今まで悩んで来たのが嘘のように治りました。

そんな『クビックス』の公式サイトはコチラからは入れますので、イビキにお悩みの人はチェックしてみて下さい。
👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇👇
HP_finger_blue_kakumaru

 

2015-05-16-4

コメントを残す