寝起きの悪さや疲れが取れないは睡眠の質が悪いのが問題です!!

熟眠障害の原因と対策

 

🌼🌼🌼🌼熟眠障害とは??🌼🌼🌼🌼

 

熟眠障害は簡単に言うと『寝ても寝ても眠たい病です』睡眠時間はしっかり取っているのにもかかわらず、疲れが取れないとか寝起きの悪さを感じるようなら『熟眠障害』かもしれません。

熟眠障害は寝つきも良く、夜間に目が覚めるような事もないので、不眠症の中でも症状がわかりにくいのが厄介なところです。

450-20110428135236127867

睡眠は身体や内蔵などを修復する大切な時間です、熟睡が出来ていないとこの修復作業がうまく行なわれずに疲れが溜まったり、倦怠感、頭痛、めまい、ヤル気の無さなど色々な問題に繋がります。しっかり睡眠時間を取っているのに疲れが取れない時や寝起きの悪さを感じたら熟眠障害の可能性ありです。

 

 

🌼🌼🌼🌼熟眠障害の原因🌼🌼🌼🌼

質の良い睡眠を妨げるものは幾つもありますが気になるものから排除しましょう

 

085・寝る前のテレビ
・枕元のスマホ
・アルコール
・体に合わない寝具
・生活習慣の乱れ
・カフェイン
・ホルモンの分泌が悪い
・栄養不足

 
テレビやスマホなどの映像や電磁波は脳を覚醒させます、寝る前は避けるのがベストでしょう、アルコールやカフェインなどのは血糖値に作用し交感神経を優位にしますので質の良い睡眠の妨げになります。

コレらを排除するだけでも睡眠の質は向上します、ホルモンの分泌が悪かったり栄養不足からきている場合はサプリメントなどを利用すると良い結果がうまれます。

IMG_8182

私が試した事のある枕の中で睡眠の質が上がったと1番実感したのが『六角脳枕』です、この枕にしてから睡眠時間が短くなったにも関わらず朝の目覚めがスッキリと起きれるようになりました。『六角脳枕』については私の体験談が別記事に詳しくまとめてありますのでそちらをご覧下さい。

関連記事『六角脳枕の体験レポート』



コメントを残す