枕元のスマホは危険!!熟睡できないその原因と対策方法

熟眠障害の解決方法

🌼🌼🌼🌼熟眠障害を治す!!🌼🌼🌼🌼

熟眠障害の原因は中途覚醒と似ていて、中途覚醒のように目が覚める事は無くても熟睡が出来ていない状態です、なので対処法も中途覚醒の時とよく似ています。

原因によっても対処法が変わってきます、原因が一つの事だけとは限りませんので出来る限り睡眠の妨げになるものは避け、体質改善や環境改善をする事に注目してみてください。

thJ2OJRAM3

 

 

・アルコール
ippan12昔から寝酒と言う言葉があるくらいお酒を飲むと眠気を誘いますが、これは一時的なものであって深い眠りにつくことはできません。さらに、寝酒は癖になり不眠症を悪化させる事もあるので就寝前のアルコールは避けられた方が良いでしょう。

⇒続きを読む

 

 

 

・晩ご飯が原因の夜間低血糖症
thCRKIHJI8 寝る前に糖質を多く含む食品(炭水化物など)を食べると血糖値が跳ね上がります。
その状態で眠りにつくと就寝中に低血糖になります。血糖値が下がるとアドレナリンなどの興奮系のホルモンが分泌されることにより睡眠が妨げられる。(夜中に目が覚めてしまう。など)満腹時や食後すぐの就寝は避けられた方が良いでしょう。

⇒続きを読む

 

 

 

・イビキや睡眠時無呼吸症候群
ibiki肥満や鼻炎などが原因で睡眠時に無呼吸になる症状は質の良い睡眠を阻害するだけでなくそのほかの病気に発展する可能性もあります。睡眠時に良くイビキをかく人は食事やサプリメントを活用して早めに改善する事をお勧めします。

⇒続きを読む

 

 

 

・体に合っていない寝具
th9FA6AIFO寝具が身体に合っていないと、歪みが生じて質の良い睡眠が得られないばかりか肩こりや頭痛の原因にもなり得ますので、自分にあった寝具を選ぶことが重要になってきます。寝間着に関しても、体温調節の妨げにならない生地(綿、絹など)を選ぶことをお勧めします。

⇒続きを読む

 

 

・枕を変える

IMG_8182枕を変えるだけで不眠症が解決する時があります、私も『六角脳枕』にしてから睡眠の質が上がったのを実感しています。睡眠時間が短くなったにもかかわらず朝の目覚めがスッキリと起きれるようになりました。

⇒続きを読む

 

 

・枕元のスマホ
8ac6ea4985c641064818e673313d7c97目覚まし代わりにスマホを枕もとに置いている人は、たくさんいると思いますが、スマホは微弱電波を常に出し続けています、頭の近くにスマホを置くと、その電波に脳が刺激され熟睡が出来ないと言われています、寝る時は機内モードにするなどの工夫が必要です。

⇒続きを読む

 

 

・就寝前のテレビ
moji_ph1テレビなどの電子的な映像は刺激が強いために脳内に残ります。脳がその刺激を処理するのには2.3時間かかると言われています、仮に眠りについたとしても脳は働き続けている状態なので熟睡はできません、

⇒続きを読む

 

 



コメントを残す