アルコールは睡眠の質を下げる!毎日の寝酒は危険です!

アルコールと睡眠の関係

寝酒は良いの??

 

jiko_nezakeお酒を飲むと、ほろ酔い気分になりその後眠くなってきます。これはお酒に体温を下げる作用があるからです。なので少量の酒ならば、アルコールは良い眠り薬になるのは確かです。酒には、脳内にギャバという神経抑制物質を増やす働きがあります。ギャバは天然の精神安定剤と呼ばれ、興奮を静める役割があります。ですから神経が高ぶっている夜は、少量のお酒を飲むと寝付きやすくなります。しかし、寝酒も神経が高ぶっている時など、たまに利用するのは良いですが、毎日のように睡眠剤代わりにお酒を飲んでいると癖になり、お酒が無いと寝付けなくなり不眠症が悪化する事になります。

⇒関連記事『ギャバは天然の精神安定剤』

 

深い眠りにつける??

ippan12お酒を飲むと深い眠りにつけると思っている人がかなりいるようですが、実はその反対なんです。アルコールを飲むと、約3時間後にアセトアルデヒドという毒素に分解されます。この毒素に交感神経が刺激されて、体温や脈拍が上昇します。これが夜中に目覚める(中途覚醒)要因になるのです。いったんは体温が下がって寝入りやすくなっても、途中から今度は体温が上昇してきて、かえって睡眠障害の元となります、晩酌をしたら3時間ほど時間をあけて寝るのが中途覚醒を起こさない方法になります。

 

質の悪い睡眠

更に、大量のアルコールは、脳内の睡眠中枢をまひさせるため、深い眠りが取れなくなります。つまりレム睡眠ばかりが多くなって、成長ホルモンを分泌したり免疫力を高める時間帯であるノンレム睡眠の時間が少なくなります。睡眠は体の修復や成長にとってとても大切な時間です、それはノンレム睡眠の時に行われますので、それが出来ていない睡眠は本来の意味を成していません、コレが毎日続くようなら何らかの病気に発展してもおかしくありません。

⇒関連記事『その他の不眠症の原因を探る』

 



コメントを残す