睡眠は最初の3時間が大切!テレビやパソコンを見てると熟睡できません

テレビと睡眠の関係

最初の3時間が大切

moji_ph1テレビなどの電子的な映像は刺激が強いために脳内に残ります。脳がその刺激を処理するのには2.3時間かかると言われています、仮に眠りについたとしても脳は働き続けている状態になります。

 

3時間ぐらいなら大丈夫では??

実はこの3時間がとても大切なんです。睡眠中の疲労回復は、就寝後の3時間に集中的に行われるのです、ちゃんと7,8時間眠っても、体の疲れが残っている人は、この時間に熟睡できていない可能性があります。
寝る直前までテレビなどを見ていると、この大切な最初の3時間を逃す事になります、就寝前3時間はテレビなどの電子的な映像を避ける事が、質の良い睡眠手にする

夜は暗くする

 

078_20131015_01更に、テレビやパソコンなどの光を目から入れる事で、脳がは昼間と勘違いしてしまい、夜になると分泌されるはずだったメラトニンの分泌が抑えられてしまいいっこうに眠気がやってこない原因にもつながります


眠気を催すメラトニンをたくさん分泌するには、昼間と夜の区別をしっかり体に感じさせる事がとても大切です。昼間に太陽をしっかり浴びる事で昼間を感じさせ、夜は暗めの部屋でリラックスして過ごす事でメラトニンの分泌量も自然と増してきます、

 

⇒関連記事『不眠症の原因を探す』

⇒関連記事『不眠症のタイプ別解決法』

 

 



コメントを残す