ブルーライトは危険です就寝前のスマホはダメ!不眠症の原因です

ブルーライトと睡眠の関係

 

 

 

質の良い睡眠を妨げるものや入眠障害を起こすものの中に電子機器があります、スマホ、パソコン、テレビなどの発するブルーライトの光が睡眠や入眠の妨げになっていいる事があります、

 

078_20131015_01

出来る限り就寝前はブルーライトをあびないように注意する事で質の良い睡眠が手に入る事になります。

 

 

 

人が眠くなるのは

 

人間が夜になると眠くなるのは、夜になると脳内のセレトニンの分泌量が増え、そのセレトニンの影響で自然と眠くなる仕組みになっています。

 

thJ2OJRAM3

 

 

セレトニンは暗くなる事に反応し分泌が始まります、夜になっても蛍光灯の光によって常に明るい状態にあると、セレトニンの分泌が抑えられます、寝る時間が近づいてきたら蛍光灯などは消し白熱灯などの優しい灯りにするのも一つの手段です。

 

 

 

 

 

 

 

ブルーライト

 

スマホやパソコンなどに使われているのはLEDライトです、そのLEDライトの光にはブルーライトが多く使われていて、このブルーライトは太陽光線の中にもある光線なのですが、ご存知のように太陽はお昼間の存在です、

 

_

 

太陽光線と同じブルーライトを浴びていると体は昼間と勘違いしてしまい、夜になると分泌されるはずだったメラトニンの分泌が抑えられてしまいいっこうに眠気がやってこないと言うわけです。

 

 

眠気を催すメラトニンをたくさん分泌するには、昼間と夜の区別をしっかり体に感じさせる事がとても大切です。昼間に太陽をしっかり浴びる事で昼間を感じさせ、夜は暗めの部屋でリラックスして過ごす事でメラトニンの分泌量も自然と増してきます、

 

001l_2

 

ブルーライトは睡眠障害だけの問題ではなく、他にもたくさんの問題点があって、ドライアイ、網膜光障害、飛蚊症、白内障などとの関係もあると言われています。

 

 

不眠症にかかわらず長時間の使用は気をつけ、ブルーライトを軽減するフィルムやメガネなどの使用をお勧めします。フィルムの場合は全ての電子機器に貼る必要が出てくるので私の場合はメガネを愛用しています。

 

imgrc0066450841

 

⇒ブルーライトカット率80%メガネ

⇒ブルーライトカット率90%フィルム

 

フィルムやメガネを購入する時の注意点でブルーライトカット率があります、低いのだと50%しかカットしない物もあるので購入の時は気をつけて下さい。

 

 

imgrc0066450842

 

 

 



コメントを残す