『六角脳枕』はイビキ改善にも効果的!そのメカニズムを検証する!

 

『六角脳枕』
なぜイビキが改善されるのか??

 

 

 

makura_syouhin快眠枕として人気の『六角脳枕』は、イビキや睡眠時無呼吸症候群の改善にも効果的なまくらです。自然な寝返りをサポートできるように設計されたw型の凸凹構造のお蔭で、上気道が狭くなるのを防ぎイビキを改善する『六角脳枕』のメカニズムについて詳しくまとめてみました、枕選びに失敗しないように購入時の参考にして下さい。

 

 

 

『イビキの原因』
上気道がなんらかの原因で狭くなっていたり口呼吸になっていると、軟口蓋と言う部分が振動により音を発しています、原因は色々とありますが鼻炎が原因で口呼吸になっていたり、舌根の筋力の低下により舌が喉の奥に落ち込み上気道をふさいでる場合や、太っている人では脂肪が上気道をふさいでしまっていたりが主な原因です。

ibiki-genin-pic

 

『上気道の確保』
イビキの原因が上気道が狭くなる事で起こるとすれば、仰向けや横向けで寝た時に、上気道を確保できる姿勢をキープ出来たらイビキは起こらないと言う事になりますね、その睡眠姿勢を確保出来るように開発されたのが『六角脳枕』になります。

 

『六角脳枕』だから出来る!!

 
『頸椎を支え気道を確保』
img_cord1一般的に言われてる首の骨の事を頸椎と言います、睡眠中にこの頸椎をしっかり支える事で上気道を確保します。『六角脳枕』の特徴的な形で、横向き寝でも仰向き寝でも頸椎を優しく支え上気道を確保する事ができます。

 

 

『W型の凸凹構造』
『六角脳枕』は特徴的な凸凹の形状をしています、何故この形になったかと言うと、仰向き寝でも横向き寝でもピッタリな枕の高さにするためです。仰向き寝と横向き寝では肩幅によって頭の高さが変わってきますので仰向けで丁度良い枕は横向き寝の時には高さが合いません。高さの合わない枕を使っていると頸椎に負担がかかってしまい上気道の確保が困難になってしまいます。『六角脳枕』の特徴的な形がその問題を解消し、横向き寝でも仰向き寝でも上気道をしっかりと確保する事が出来るようになりました。genin

 

『イビキ改善対策枕』

イビキだけを何とかしたいと思ってる人に、さらにお勧めなのがイビキ対策枕の『クビックス』です、この枕はイビキの改善にとことんこだわって作られた枕なので、とにかくイビキを何とかしたい!!そんな人に特にお勧めです。

関連記事『イビキ対策枕クビックスの全てがわかる!!』

『もし効果がなかったら??』

 

イビキにも効果的な『六角脳枕』ですが、自分に効果があるかどうかは使ってみないとわからないものです。そこで『六角脳枕』では、もし効果が実感出来なかった時は返品できる『返金保証サービスがあります』このサービスを利用すると、自分に効果がある枕か無料で試す事ができるというわけです。もし枕を変えるだけで長年悩み続けたイビキが解決するかもしれないとしたら試さないと損ですね。

⇒関連記事『六角脳枕の返金保証サービスの受け方』

HP_finger_red_kakumaru

コメントを残す