枕を変えればイビキも治る!高い枕or低い枕どっちが良いの??

 

枕とイビキ&無呼吸の関係

 

 

ibiki_index『家族からいびきがひどいと指摘された』『夫(妻)のいびきがうるさくて眠れない』などイビキは相手に与える問題点と、本人の睡眠の質の問題(イビキをかいている人は熟睡が出来ていない場合が多かったリ、睡眠時無呼吸症候群になっている可能性があったりなど)
そして、枕がイビキの原因になっている場合がよくあります、そんな意味でも体に合った枕選びが大切になってきます。

 

 

 

 

枕の高さとイビキ

枕の高さを変えることによりイビキの問題が解決する事があります、では高い枕と低い枕ではどっちがイビキ対策に効果的なんでしょう??
一般的に言われているのが、高い枕で寝るといびきをかきやすいと言われています。なぜ枕が高いといびきが出やすくなるのかというと、気道が圧迫されてせまくなるからです。人間の口・鼻からのどにかけて空気が通る部分を「気道」と呼びますが、枕が高すぎると、くの字に気道が折れ曲がってしまい、そのせいで気道がせまくなります。これが「高い枕はいびきをかきやすい」と言われるときの理由です。

th

では低い枕が良いの??
いびきを防止するためには高い枕はダメで、できるだけ低い枕を使うべきなのかと言うと、実は、そうとは限りません。イビキの起きる原因によって、低い枕が良い場合もあります。
太ったためにのどの内部に脂肪が付いているために起こるイビキに対しては、低めの枕が良いとされています。

 

逆に高い枕が良いのは
・年齢にともなってのどの筋肉がおとろえる
・鼻づまりなどのせいで口呼吸になっている
・アルコールや睡眠薬などの影響で、筋肉がゆるむ
などが原因で起こっている場合は高めの枕が効果的になります。

 

 

⇒関連記事『イビキに効果的な枕』

⇒関連記事『イビキ&無呼吸と睡眠の関係』

 



コメントを残す