枕の反発力や硬さは大事です!肩こりの原因はそこにあります!!

🌼🌼🌼🌼枕の肩さと反発力🌼🌼🌼

 

枕の硬さや反発力、素材などを気にした事はありますか?実はコレ、睡眠の質を上げるためにも、肩こりを解消するためにもとっても大切なポイントなんです。

硬すぎてもダメ!柔らかすぎてもダメ!絶妙な反発力の枕を見つける事が難しいんですよね。

 

az

 

今回は、枕の反発力や硬さが、肩こりや安眠とどんな関係にあるのかについてまとめてみたいと思います。

 

🌼🌼🌼🌼枕は硬いのor柔らかいの??🌼🌼🌼🌼

 

寝返りの目的

人は睡眠中に寝返りを20回程するのが理想と言われています。これは多くても少なくても睡眠の質を低下させてしまいます。

寝返りの役割のひとつに、『レム睡眠』と『ノンレム睡眠』の移行をスムーズに行うスイッチのような役割があると考えられています。うまく睡眠段階をスイッチする事で質の良い睡眠をする事ができるのです。

rem

 

そしてもう一つが、寝返りをする事で血流を良くし筋肉が固まってしまうのを防ぐ役割があります。これによって肩や首のコリが無くなってくれるわけです。

2011-1201-5

 

 

 

柔らかすぎる枕

クッションや一時流行った低反発素材の枕などですが、頭を置いた感触は頭が包み込まれるようで気持ちいいのですが、頭が沈み込んでしまい寝返りがうちにくくなります。

こうなると寝返りの回数が極端に減って、血流の悪さから肩こりや首のコリの原因になります。

 

1033075-01

 

硬すぎる枕

硬すぎるまくらだと、どうしても頭の一点に体重がかかってしまい痛みが生じるので、それをふせぐために頻繁に寝返りをするようになります。

多すぎる寝返りも筋肉に負担がかかってしまいますし、何よりも頭に違和感や痛みを感じていては熟睡も出来ていないので、睡眠の質は低下してしまいます。

 

 

🌼🌼🌼🌼今回のまとめ🌼🌼🌼🌼

 

枕の硬さや反発力は、理想の寝返りを実現するために大切なポイントになります。睡眠の質を上げるためにも、肩こりを解消するためにも、柔らか過ぎず硬すぎない枕を探すのが大切になります。

 

私が今まで試した事のある枕の中では『クビックス』って言う枕が、ちょうどいい反発力でした、それとこの枕はサイズが一般の物より少し大きめなので、ゆっくり寝返りをする事ができるのも良い所です。

 

IMG_8351

 

一番下が『クビックス』です、上の2つも良い枕なんですが私にピッタリなのは『クビックス』でした。

 

 

 

コメントを残す