寝るだけダイエット!質の良い睡眠(熟睡)をすれば痩せる理由!!

『ダイエットと枕』
枕を変えれば痩せる!!

biyou_tsurutsuruダイエットと枕??一見なんの関係もないように思ういますが、実はそうとも限りません。
正しい睡眠をし熟睡出来ている人は、寝ている間に300キロカロリーも消費していると言われています。コレを体重で換算すると。1か月で1Kg痩せる計算になります。これは睡眠中に分泌されるホルモンが深く関係しています。ただこれは質の良い睡眠が出来ている場合によります。質の良い睡眠は自分にあった寝具『枕』を使っているかどうかが深く関係しています。

 

 

 

『睡眠中に分泌される美容ホルモン』

 

代謝を促すホルモン『コルチゾン』
コルチゾールは睡眠中にエネルギーの代謝を促す働きをします。体内に溜め込こんだエネルギーを、睡眠時にコルチゾールの働きによってしっかりと消費されている(痩せる)のです。でも、寝る前(約2~3時間前)に食べ物を摂ってしまうと、その消費にコルチゾンか使用されるので、蓄積されているエネルギー(脂肪)は消費されません、なので就寝前は食べ物を取らないようにしましょう、本当は空腹で寝るのがベストです!!

 

 

アンチエイジングの『成長ホルモン』
その名の通り「成長を促す重要なホルモン」ですが、成長ホルモンは子供から大人へ成長する時だけではなく、大人になってからも体のさまざまな代謝調節に関わりがあり、アンチエンジンやダエットには欠かせないホルモンの一つです。

『成長ホルモン』の主な役割

•身長を伸ばす
•骨や筋肉をつくる
•アンチエイジング(老化防止)
•代謝作用

 

成長ホルモンが多く分泌されるのは就寝中になります、そのために質の良い睡眠『熟睡』が大切になってきます。

 

『3・3・7の法則』があります。

3・・・夜中の「3時」には眠っている
深夜3時前後には最も深い眠りにつける時間と言われています。この時間に眠りについているか、いないかでは雲泥の差になります

3・・・眠りはじめの「3時間」はまとめて眠る
成長ホルモンは眠った直後の3時間にまとめて分泌され、その後は殆ど分泌されないと言われています、なので最初の3時間にしっかり熟睡している事が大切になってきます。

7・・・1日トータルで「7時間」の睡眠をとる
最近の研究では「肥満予防には7時間睡眠が良い」と言われているようで、この睡眠時間が5時間、4時間と落ちるにつれて、肥満率は高まってしまうそうです。

 

 

『枕と安眠の関係』

 

質の良い睡眠(熟睡)をするために、自分に合った寝具『枕』である事は絶対条件です。
・寝苦しさを感じたり
・材質が悪かったリ
・高さがあって無かったリ
・硬すぎたり
・柔らかすぎたり
このような枕を使っていると、睡眠中にストレスがかかり質の良い睡眠(熟睡)をする事が出来ません、なるべくノンストレスでいる事が、質の良い睡眠(熟睡)をする上で大切になってきます。安眠できる枕はたくさん売られていますが、その中でも、お勧めなのが『六角脳枕』です。『六角脳枕』は話題の快眠枕で、その効果は「目覚ましテレビ」「スッキリ」など多くのテレビに紹介されているほどです。そして、ある口コミサイトでは、枕の口コミランキングで堂々の第1位に選ばれていて、10年間、「不眠」「肩こり」「頭痛」に悩まされていていた人も六角脳枕の効果を実感している実績のある枕です。

関連記事『六角脳枕で熟睡が出来るメカニズム』