枕を変えれば頭痛も治る!『その理由とお勧めの枕』毎朝スッキリ目覚め!!

頭痛と枕の関係

『枕を変えれば頭痛も治る』

 

無題頭痛と枕?一見なんの関係もないように思うものに原因がある時があります、睡眠は1日のうちの3分の1もの時間を同じ場所ですごします、それも毎日です。
『もし間違った寝具を使っていたり』
『もし睡眠姿勢が悪かったり』
『もし睡眠の質が悪かったり』

 

そんな事が毎日何時間も続くと、その事が原因で色々な病気や体の不調に繋がります。そこで今回は、自分に合わない枕を毎日使っている事が原因で頭痛になるメカニズムについてまとめてみました。

 

 

 

 

『片頭痛』
睡眠不足などが原因でホルモンバランスが乱れたり、疲労がたまる事で起こるのが『片頭痛』です、睡眠不足は単に睡眠時間が短いだけで無く、熟睡が出来きているかどうかも関係してきます、不眠症や睡眠の質の悪さと寝具『枕』とは深い関係があります。自分にピッタリの寝具『枕』に変えるだけで『不眠症が解決した!!』『睡眠の質が上がり毎朝スッキリと目覚める事が出来るようになった!!』などの意見をよく聞きます。原因のわからない頭痛や不眠に悩んでる人は今使っている枕を見直してみてはいかがですか?

⇒関連記事『口コミランキング1位の安眠対策枕』

 

 

 

『緊張型頭痛』
2011-1201-5頭の横の筋肉や、肩や首の筋肉が緊張することで起きます。筋肉の緊張で血流が悪くなった結果、筋肉内に老廃物がたまり、その周囲の神経が刺激されて起きるのが『緊張型頭痛』です。このタイプの頭痛は、パソコンやデスクワークなど同じ姿勢で長時間過ごす事が原因で起こります。長時間同じ姿勢と言うと睡眠中の姿勢も同じです、睡眠中に寝返りが上手く出来ていないと、長時間同じ姿勢でいる事になり、肩や首などの筋肉が固まってしまい血流が悪くなります、そのために肩や首のコリが生じるのですが、このことが原因で緊張型の頭痛に繋がって行きます。睡眠中の寝返りは『枕』と『敷布団(マット)』の形状や素材が深く関係しています。頭痛、肩こり、腰痛などの悩みがある人は枕やマットの素材や形状を見直してみて下さい。

⇒関連記事『ランキングで人気の肩こり&頭痛対策枕!』

 

 

 

 

コメントを残す