脳は寝る事でしか休めない!ノンレム睡眠の最初の3時間がポイントです!!

🌼🌼🌼🌼脳の休息🌼🌼🌼

 

睡眠の目的で大切なのが脳の休息です。体や内蔵は起きている間でもじっとしていれば、ある程度休める事が出来ますが、脳は睡眠中しか休む事ができないのです。

 

body_nou_bad

 

脳が働き続けて疲れがたまってくると、大脳にはガンマハイドロオキシ酪酸と呼ばれる有害な物質が溜まってきます。脳に蓄積された”疲れ”を取り除くには、唯一「睡眠」に頼るしかないのです。

 

 

 

🌼🌼🌼🌼睡眠の最大の目的🌼🌼🌼

 

脳は起きてる間は、見たものや聞いたもの、感じたものなどの情報処理のために常に活動をしています。その情報処理量は私達が考えているより莫大な量です。

 

私たちが一定時間起きていると眠くなるのは、オーバーヒートしそうになる脳を冷却させるために眠りへと誘っているもので、本来「眠り」の最大の役割は、この脳を休息させて睡眠中にメンテナンスすることなのです。

 

canstock4937248

 

しかし、夢を見ているレム睡眠時には情報の整理や記憶の定着などの作業のため活動しているので、

 

睡眠時間の中でも、脳を唯一休息させる睡眠がノンレム睡眠になります。特に入眠してから最初の3時間の間に現れるノンレム睡眠が大脳の休息のためのポイントになってきます

 

🌼🌼🌼🌼最初の3時間がポイント🌼🌼🌼🌼

 

脳をしっかり休めるためには、寝初めてからの最初の3時間がカギになってきます。最初のノンレム睡眠をしっかりとるために、寝る前のスマホ、テレビ、ゲームなどはやめしょう。

 

078_20131015_01

 

実はこれらの電子的な映像は刺激が強いため、見るのをやめてからも3時間ほどは脳内に残り処理がおこなわれるのです。

 

だから、寝る直前までスマホやゲームなどしていると、寝付いてからも脳が活動している事になります。こうなると脳の休息に大事なノンレム睡眠の時間に、脳が活動して休む事が出来ないのです。

 

 

🌼🌼🌼🌼しっかりと眠る🌼🌼🌼🌼

 

脳が元気でないと、良い考えも浮かびません、やる気も無くなります、もの忘れもひどくなります、その他にも体に支障をきたすでしょう・・・

 

脳を元気に保つには、睡眠をしっかりとって脳を休めてあげるしかないのです

 

body_nou_good

 

日本人の平均睡眠時間は世界的に見ても少し短いです。これは真面目で勤勉な日本人の性格が出ていると思います。

 

それならば、睡眠の質を上げてしっかり脳を休めてあげる事が、今の日本人には必要のような気がします。

 

コメントを残す