朝早くに目が覚める早朝覚醒の原因と対策!しっかり眠るコツ

早朝覚醒の原因と対策

 

 

🌼🌼🌼🌼早朝覚醒とは??🌼🌼🌼🌼

 

「もっと眠っていたいのに、朝早くに目が覚めてしまい困っている・・・」

 

このような症状が、早朝覚醒と呼ばれる不眠のひとつになります。起きる予定の時刻よりも何時間も早く目が覚めて、まだ眠りたいと思ってもそれ以降は寝つけなくなってしまう状態が週に2回以上あり一月以上続くなら早朝覚醒をうたがってみましょう

clock01_04
ただ前日の入眠時間が早く、たっぷりと睡眠時間がとれている場合は早朝覚醒の心配は要りません、さらに年を重ねると睡眠力が低下し早起きになってきますが、それも早朝覚醒ではないので心配いりません。

 

3000人以上を対象にした睡眠に関する調査によると、約8%の人が早朝覚醒に悩まされているという結果が出ています。これは「ベッドに入ってもなかなか寝つけない(入眠障害)」という症状と同じくらいの割合ですから、かなりの人が朝早くに目が覚めることを不満に感じていると言えます

 

 

 

 

🌼🌼🌼🌼早朝覚醒の原因🌼🌼🌼🌼

 

早朝覚醒の原因は、殆どの場合ストレスなど神経性の事が原因になっています。
ストレスが原因で安眠ホルモンと呼ばれているメラトニンの分泌が正常に行われなくなってしまって睡眠のリズムが崩れているケースが多く見られます。
このような場合の早朝覚醒では、どんどん朝起きる時間が早くなる傾向が見られます。そして、不規則に不眠と覚醒を繰り返すため、睡眠障害が起こっているかどうかわかりにくい事もあります。

sutoresu-246x200
年齢やストレスによりメラトニンの分泌が減少してしまった場合には、ギャバを多く含む食品を取るのも効果的です。ギャバ自体も脳内で分泌されている物質で、鎮静作用のあるものです。メラトニンも沈静・リラックス作用のある物質なので、脳内で減少したメラトニンをギャバで補うことで眠りの能力を助けることができます。

 

⇒早朝覚醒の詳しい解消法