熟睡するとお肌がピチピチになる!!お肌は睡眠中に生まれ変わる!!

 

🌼🌼🌼🌼睡眠とお肌の関係🌼🌼🌼

 

『たくさん寝ても疲れがとれない』『夜中に目が覚める』『朝の寝起きが辛い』こんな悩みはありませんか??これは熟睡できていない証拠です。

熟睡できていないと倦怠感などの問題だけでなく、お肌がアレたり、化粧のノリが悪いなど、お肌の状態も悪くなってきます。

 

7bdebdc2

 

 

私たちの体は、体調を整える働きが備わっていますが、熟睡できないとその働きが鈍くなってしまいます。そして、そんな体の内側の変化がお肌にも影響してくるわけです。今回はそんな睡眠とお肌の関係についてまとめみたいと思います。

 

🌼🌼🌼🌼お肌のターンオーバー🌼🌼🌼🌼

 

私たちのお肌では、眠っている間に「ターンオーバー」が起こっています。『ターンオーバー』とは、皮膚の奥で新しく生まれた細胞が少しずつ上に押し上げられていき、一番上までたどり着いて新しい皮膚に変わっていいくことです。

 

この『ターンオーバー』がスムーズに行われていると、いつもお肌は良い状態を保てるわけですね、子供はこの『ターンオーバー』のサイクルが早く、常に新しい皮膚でいるので、子供のお肌はツルツルのスベスベなんです。

 

604

 

そしてこの『ターンオーバー』をスムーズに行うのに重要な役割をするのが、「成長ホルモン」です。私達の体ではこの成長ホルモンが脳から分泌されることで、お肌に「ターンオーバー開始!!」というスイッチが入るそうです。

 

 

そしてこの『成長ホルモン』は睡眠中にたくさん分泌される事が、最近の研究で解ってきました。熟睡できない日が続いてお肌の調子が悪くなるのは、『成長ホルモン』の分泌量が減り、ホルモンバランスが崩れることが原因です。

 

🌼🌼🌼🌼成長ホルモンが出る時間帯🌼🌼🌼🌼

 

でもこの成長ホルモンは、寝ている間ずっと出ているわけではないのです。睡眠の深さには規則的なリズムがあり、深い眠り(ノンレム睡眠)と浅い眠り(レム睡眠)が繰り返されています。

 
そして、成長ホルモンは、眠り始めて約3時間程までの深い眠り(ノンレム睡眠)の時にたくさん作られます、なので寝初めてから最初の3時間をしっかり熟睡出来ているかがポイントになります。

 

 

image3-2

 

 

更に「お肌のゴールデンタイム(夜10時~2時)」というのがあります。この時間帯にお肌のターンオーバーが活発になると言われています。この時間帯に眠り始めの3時間を絡めるようにすれば、お肌の『ターンオーバー』が活発に行われるわけです。

 

 

🌼🌼🌼🌼睡眠の質を上げる🌼🌼🌼🌼

 

深い眠り(熟睡)するためには色々と生活習慣を見直す必要があります。

 

  • 就寝前の2時間は、テレビ、スマホ、パソコンなどの電子機器控える
  • 3時以降のカフェインは控える
  • 就寝前のアルコールを控える
  • マットや枕など寝具にこだわる
  • 晩御飯は糖質(炭水化物)を控える
  • 夜の照明は暗めにする
  • お風呂はぬるめでゆっくりつかる

 

睡眠の質を上げて健康な体、綺麗なお肌を手にするためには、これをすれば大丈夫!!ってものは無く、やっぱり生活習慣を見直して、それなりに努力する必要があります。

 

 

 

 

 

睡眠の最大の目的は体内酵素を増やす事!健康維持に欠かせない酵素と睡眠の関係

🌼🌼🌼🌼酵素と睡眠🌼🌼🌼

 

質のいい睡眠は健康を維持するために欠かせないものです。ぐっすり眠った翌朝は、アタマもカラダもすっきりして、元気いっぱいなのを実感したことは誰もが経験あると思います。

 

suimin

 

この事からも、睡眠は体や心を休める大切な時間である事は間違いないです。でもそれ以外にも大切な時間でもあるのです、それは体内酵素を増やす時間帯でもあることです。

 

🌼🌼🌼🌼体内酵素が増える時間帯🌼🌼🌼

 

酵素栄養学の世界では、夜の20時~朝の4時までの8時間は「吸収と代謝」の時間帯になります。この時間帯にその日に摂った栄養をもとに体内で酵素が作られます。

なので、この時間の間にできるだけ多く睡眠をとることが体内酵素を増やすポイントになります。

 

02

 

実は酵素は外から補う事はできないのです。よくある酵素サプリや酵素ドリンクは、その中に酵素が入っているわけではなく、体内酵素を増やすための材料(酵母菌や乳酸菌)が入っているのです。

 

酵素自体は生命活動をする上で必要不可欠なものです、人は体内酵素がないと生命活動を維持する事ができません。

 

🌼🌼🌼🌼体内酵素を増やす方法🌼🌼🌼

 

体内酵素を増やすためには、酵素を増やす材料『酵素サプリ、酵素ドリンク、発酵食品、食物繊維、生野菜』などをしっかりと摂って、20時~4時の間に出来るだけ多く睡眠をとるようにする事が大切です。

 

0f6ab00c49e58a1c6974b5aa7554099ad94177d0_sel_

 

私も健康を維持するために『酵素ドリンク』は飲んでいますが、やっぱり飲んでいる時の方が調子は良いですね。金額的に安く手軽にとれるのは『酵素サプリ』ですが、『酵素ドリンク』は美味しいので色々使いわけして飲んでいます。

 

酵素については別サイトで詳しくまとめていますので、健康管理のために何かしたい人や、原因のわからない倦怠感などある人は、一度チェックしてみてください、何か解決のヒントが見つかるかもしれませんよ。

➡関連記事『酵素とセレトニンが不眠を解決!!』

 

 

 

 

睡眠不足はお肌の敵!寝る子は育つ!大人も育つ!睡眠と成長ホルモン

🌼🌼🌼🌼睡眠と成長🌼🌼🌼

 

寝る子は育つ!!ってよくいいますよね、これは深い睡眠をしている時に成長ホルモンがたくさん分泌されるためです。

 

成長ホルモンは体の成長、修復、疲労回復だけでなく、代謝を調整して体内に取り入れられた栄養素などの物質を変化させてエネルギーを取り出したり、からだをつくる材料にするための大事な役割もあります。

 

sleep_2

 

 

そしてこの成長ホルモンは、寝付いてから2時間位までの一番深い眠りの時に大量に分泌されるので、成長ホルモンの分泌量はその時に熟睡出来ているかがポイントになります。

 

🌼🌼🌼🌼成長ホルモンの役割🌼🌼🌼

 

成長ホルモンの役割は、その名の通り筋肉や骨の成長、皮膚の新陳代謝などに深くかかわっています。睡眠不足になると肌が荒れたりするのは、成長ホルモンの分泌量がへるためです。

 

そしてもう一つの大事な役割が、代謝を調節する「代謝調整作用」があります。代謝とは、体内に取り入れられた栄養素などの物質を変化させてエネルギーを取り出したり、からだをつくる材料にすることをいいます。

 

2

 

成長ホルモンには、タンパク質の代謝を促して筋肉量を増加させたり、骨代謝を促進させて骨量を増やす働きがあります。

 

また脂質代謝を促して体脂肪の分解を助けたり、コレステロール値を減らしたりする作用があったり、糖質や水などの代謝過程においてもバランスを調整する大切な作用があります。

 

🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼

 

骨を強くし、肌を綺麗に保ち、脂肪などの代謝を調整し、筋肉量を増やてくれる成長ホルモンは、子供の成長にはモチロンですが、大人も健康でいるためにはこの成長ホルモンの量がカギになってきます。

 

image3-2

 

そしてこの成長ホルモンが一番多く分泌されるのが、夜の10時か11時頃がピークになっています。この時間に熟睡しているかどうかで、成長ホルモンの分泌量が極端に変わってきます。

 

さらに言うと、人は寝始めからの3時間が一番深い眠りにつくと言われています、このタイミングと合わせると更に成長ホルモンの分泌量が増えてきます。

 

 

 

脳は寝る事でしか休めない!ノンレム睡眠の最初の3時間がポイントです!!

🌼🌼🌼🌼脳の休息🌼🌼🌼

 

睡眠の目的で大切なのが脳の休息です。体や内蔵は起きている間でもじっとしていれば、ある程度休める事が出来ますが、脳は睡眠中しか休む事ができないのです。

 

body_nou_bad

 

脳が働き続けて疲れがたまってくると、大脳にはガンマハイドロオキシ酪酸と呼ばれる有害な物質が溜まってきます。脳に蓄積された”疲れ”を取り除くには、唯一「睡眠」に頼るしかないのです。

 

 

 

🌼🌼🌼🌼睡眠の最大の目的🌼🌼🌼

 

脳は起きてる間は、見たものや聞いたもの、感じたものなどの情報処理のために常に活動をしています。その情報処理量は私達が考えているより莫大な量です。

 

私たちが一定時間起きていると眠くなるのは、オーバーヒートしそうになる脳を冷却させるために眠りへと誘っているもので、本来「眠り」の最大の役割は、この脳を休息させて睡眠中にメンテナンスすることなのです。

 

canstock4937248

 

しかし、夢を見ているレム睡眠時には情報の整理や記憶の定着などの作業のため活動しているので、

 

睡眠時間の中でも、脳を唯一休息させる睡眠がノンレム睡眠になります。特に入眠してから最初の3時間の間に現れるノンレム睡眠が大脳の休息のためのポイントになってきます

 

🌼🌼🌼🌼最初の3時間がポイント🌼🌼🌼🌼

 

脳をしっかり休めるためには、寝初めてからの最初の3時間がカギになってきます。最初のノンレム睡眠をしっかりとるために、寝る前のスマホ、テレビ、ゲームなどはやめしょう。

 

078_20131015_01

 

実はこれらの電子的な映像は刺激が強いため、見るのをやめてからも3時間ほどは脳内に残り処理がおこなわれるのです。

 

だから、寝る直前までスマホやゲームなどしていると、寝付いてからも脳が活動している事になります。こうなると脳の休息に大事なノンレム睡眠の時間に、脳が活動して休む事が出来ないのです。

 

 

🌼🌼🌼🌼しっかりと眠る🌼🌼🌼🌼

 

脳が元気でないと、良い考えも浮かびません、やる気も無くなります、もの忘れもひどくなります、その他にも体に支障をきたすでしょう・・・

 

脳を元気に保つには、睡眠をしっかりとって脳を休めてあげるしかないのです

 

body_nou_good

 

日本人の平均睡眠時間は世界的に見ても少し短いです。これは真面目で勤勉な日本人の性格が出ていると思います。

 

それならば、睡眠の質を上げてしっかり脳を休めてあげる事が、今の日本人には必要のような気がします。

 

倦怠感やダルさは内蔵疲労が原因です!いくら寝ても眠いのは内蔵が疲れている証拠です

🌼🌼🌼🌼内蔵の修復🌼🌼🌼🌼

 

睡眠の目的の一つに内蔵の修復があります、人は起きてる間は数時間おきに食べ物や飲み物を摂ります。

そのたびに胃や腸は消化活動のために働き続けています、そんな胃腸などの臓器を睡眠中にしっかり休める事で内蔵疲労が無くなり、食べ物をしっかり消化し栄養を吸収する内蔵に保つことができるのです。

 

60388_180597885421426_812098578_n

 

逆に言うと、暴飲暴食などで内蔵の負担が多い人は、修復のために睡眠時間がたくさん必要になってきます。

 

寝ても疲れが取れないや日中の眠気などは、内蔵疲労などが原因かもしれません、一度食生活を見直すのもいいかもしれませんね。

 

 

🌼🌼🌼🌼内蔵疲労🌼🌼🌼🌼

 

内蔵疲労があると、体のだるさや倦怠感がなどの症状がでてきます。私も内蔵が疲れている時はいくら寝ても眠気が無くなりません。そんな時は食事を少なめにしたりお酒を控えたりして、内蔵を休めてあげると症状は改善してきます。

 

質の良い睡眠が出来ていると、内蔵の修復作業もきちんと進むので、だるさや眠気なども無くなってはくるのですが、いくら質の高い睡眠が出来ているとしても、無茶苦茶な食生活をおくっていては内蔵は疲れきってしまいます。

 

hirou02

 

それにお腹がいっぱいの状態で寝てしまうと、睡眠中に消化活動で内蔵が動きっぱなしになるので、いくら寝ても体が休まりません。

 

質の高い睡眠をするには、夜の食事は控えめにして空腹で寝るのがベストです。

 

🌼🌼🌼🌼1食3時間🌼🌼🌼🌼

 

一般的に言われているのが、内蔵の修復にかかる睡眠時間は、一回の食事で三時間の睡眠が必要と言われています。と言う事は、3食しっか食べている人は9時間の睡眠が必要になってくるわけです。

さらに言うと、間食をしていたりコーヒーやジュース、夜のアルコールなども含めるて考えると9時間では足りなくなってきます。

 

mh_12011_01

 

そんな生活を続けていると内蔵疲労も溜り体の不調にもつながってきます。内蔵を元気の保つのは健康に生活するうえの基本です。内蔵疲労を溜めないために私が実践しているのが。

 

食事で言うと、朝食は食べず1日2食生活。晩ご飯は炭水化物(糖質)を控える。晩ご飯は早めに食べ、寝る時は空腹でねる。

睡眠の質を高めるために、午後はカフェインを控える。酔っぱらって寝ない。枕など寝具にこだわる。

 

このライフスタイルにしてから睡眠時間も短くてすみ、日中の眠気に襲われることも無くなりました。

 

いくら寝ても眠い、原因のわからない倦怠感が続く人は、内蔵疲労があるのかもしれません、食生活や睡眠の質を見直してみてはいかがですか。

 

睡眠の目的と効果!質の良い睡眠は健康を手に入れるために基本です

 

🌼🌼🌼🌼睡眠の目的と効果🌼🌼🌼🌼

 

人は必ず眠ります、睡眠中に『心の修復』『内蔵の修復』『大脳の休息』そして『成長の促進』などが行われます。睡眠は私達が毎日健康に生きるための大切な時間なのです。

thJ2OJRAM3

 

睡眠時間が短かかったり睡眠の質が悪かったりすると、この修復作業がうまくいかず健康を維持するのが困難になってきます。

 

頭痛、肌荒れ、倦怠感、やる気が出ない、原因のわからない体の不調は睡眠の質が悪いのが原因かもしれません。

 

🌼🌼🌼🌼内蔵の修復🌼🌼🌼🌼

 

睡眠の目的の一つに内蔵の修復があります、人は起きてる間は数時間おきに食べ物や飲み物を摂ります。そのたびに胃や腸は消化活動のために働き続けています、そんな胃腸などの臓器を睡眠中にしっかり休める事で内蔵疲労が無くなり、食べ物をしっかり消化し栄養を吸収する内蔵に保つことができるのです。逆に言うと、暴飲暴食などで内蔵の負担が多い人は、修復のために睡眠時間がたくさん必要になってきます。

➡続きを読む

 

🌼🌼🌼🌼大脳の休息🌼🌼🌼🌼

 

睡眠の目的で大切なのが脳の休息です。体や内蔵は起きている間でもじっとしていれば、ある程度休める事が出来ますが、脳は睡眠中しか休む事ができないのです。脳が働き続けて疲れがたまってくると、大脳にはガンマハイドロオキシ酪酸と呼ばれる有害な物質が溜まってきます。脳に蓄積された”疲れ”を取り除くには、唯一「睡眠」に頼るしかないのです。

➡続きを読む

 

🌼🌼🌼🌼睡眠と成長ホルモン🌼🌼🌼🌼

 

寝る子は育つ!!ってよくいいますよね、これは深い睡眠をしている時に成長ホルモンがたくさん分泌されるためです。成長ホルモンは体の成長、修復、疲労回復だけでなく、代謝を調整して体内に取り入れられた栄養素などの物質を変化させてエネルギーを取り出したり、からだをつくる材料にするための大事な役割もあります。

➡続きを読む

 

🌼🌼🌼🌼睡眠と体内酵素🌼🌼🌼🌼

 

質のいい睡眠は健康を維持するために欠かせないものです。ぐっすり眠った翌朝は、アタマもカラダもすっきりして、元気いっぱいなのを実感したことは誰もが経験あると思います。この事からも、睡眠は体や心を休める大切な時間である事は間違いないです。でもそれ以外にも大切な時間でもあるのです、それは体内酵素を増やす時間帯でもあることです。

➡続きを読む

 

🌼🌼🌼🌼睡眠とお肌の関係🌼🌼🌼

 

熟睡できていないと倦怠感などの問題だけでなく、お肌がアレたり、化粧のノリが悪いなど、お肌の状態も悪くなってきます。私たちの体は、体調を整える働きが備わっていますが、熟睡できないとその働きが鈍くなってしまいます。そして、そんな体の内側の変化がお肌にも影響してくるわけです。

➡続きを読む